DataApex社製品情報

>>Clarity Chromatography Stationについて
>>Clarity Q&A

>>Clarity カタログ

Clarity Chromatography Stationについて

 

Clarityは、データ取得やデータ処理及び装置コントロールに対して、
さまざまなソフトに対応できる、卓越したChromatography DataStation(CDS)です。

この広範囲なデータ取得方法(A/Dコンバータ、LAN、USB,RS232)は、
実に多くのクロマトグラフに適応できます。

4台のクロマトグラフを接続することができ、それぞれが、12検出器を
装備することができます。

Clarityは、多くのGCやHPLCに使用可能で、オプションのControlModuleとExtensionsを用いて、
研究者に、完璧なクロマトグラムのデータ処理システムを提供します。

このコントロールモジュールは、選択された装置を、完全にコントロールし、エクステンションは、PDAやGPCなどの特別な分析手法にも対応できるものとして提供しています。

Clarityは、ClarityForumにおいて、ユーザー様の共有範囲の拡大目的と同様に、
DataApexからの広範囲な無償のサポートを提供しています。

多くの大きな組織とは異なり、DataApexは、ユーザー様に、親密な関係を持ちつづけます。

製品

Clarity Chromatography Station :P/N C50

Clarity Lite           :P/N C40

Clarity Offline         :P/N C59

Validation Kit          :P/N CVK

  

コントロール可能機種(平成24年10月29日現在)

 

GC        :5メーカー   :23機種

HPLC System    :11メーカー   :28機種

HPLC Pump     : 33メーカー  :67機種

HPLC Detecter   :18メーカー :101機種

PDA  Detecter   :9メーカー :29機種 

HPLC Conroller   :3メーカー  :8機種

Auto Sampler    :21メーカー  :91機種

HPLC Oven     :14メーカー  :27機種

Fraction Collector :7メーカー   :19機種

Valve        :5メーカー   :29機種

AminoAcid Analyzer :2メーカー    :2機種

Balances       :2メーカー    :9機種 


Clarity  Q&A

Q1. 1台のPCで、いくつのClarity Softを動かすことができますか?

A1.1台のPCでは、1Clarityだけ動かすことができます。


Q2. 1台のClarityがいくつの装置をコントロールできますか?

A2.1台のワークステーション(1PC)で最大4台の独立した装置を同時にコントロールできます。
中核となるソフトウエアー(P/N C50)は1台の装置に対応しています。


Q3. アドオンタイプはどのようなものですか?

A3.アドオンタイプはソフトの追加バージョンです。
追加クロマトグラフにそれぞれが必要となり、新しい独立した時間ベースで、Clarityソフトウエアーに接続されます。


既存のClarityにAdd-Onが追加されれば、追加装置が働くのを可能にする為に、新しいユーザーコードを発行します。
最大3Add-On装置を、各Clarityに加えることができます。




Q4. Clarityコントロールモジュールとはなんですか?

A4.Clarityコントロールモジュールは、オートサンプラー、GCまたはHPLCコントロールを有効にするオプションのソフトウエアーです。
Clarityは現在制御可能な装置(D004)のデータシートリストにリストアップされているクロマトグラフハ−ドウエアーだけをコントロールすることができます。
コントロールオプションの詳細は、Dataapexウェブサイトや、対応するコントロールマニュアルで、見つけることができます。




Q5. Clarityの拡張性については?

A5.Clarityの拡張性は、Clarityを機能的に広げる為の任意のソフトウェアであることです。
GPC,PhotoDiodeAray(PDA)のデータ解析のため、そしてCapillary電気泳動(CE)、元素分析(EA),SystemSuitabilityTest(SST)の特別な計算、天然ガスの分析(NGA)などに対しても、拡張できるソフトを用意しています。
これらの拡張ソフトについてはウェブサイトや対応するマニュアルで、詳述を見つけることができます。


Q6. ClarityとClarityLiteの違いはなんですか?

A6.ClarityLiteは1台の装置のみをコントロールし、データ取得できないClarityChromatographySoftwareの簡易型バージョンです。
また追加の拡張ソフトや、コントロールモジュールをインストールできないタイプです。
その他の違いは、データシートClarity対ClarityLiteComparison(D007)に説明されています。
 



Q7. ClarityOfflineとはなんですか?

A7.ClarityOfflineバージョンは、データ処理だけのための特別なバージョンです。
データ取得のバージョンとは別のPCにインストールされる必要があります。
オフラインバージョンのS/Nは、いつも98-xxxxxから始まります。



8. ClarityTrialとはなんですか?


A8.Clarity(Lite)トライアルはハードウエアーキーを持った、フルバージョンの試供版ですが、ユーザーコードなしです。
ClarityTrialはすべてのコントロールモジュールと拡張ソフトの使用を可能とします。
しかし、試用期間は100回の注入回数か、または30日間のどちらか早いほうで、トライアル期間が満了となり、DEMOバージョンとなります。
続けて使用するには、ユーザーコード(u/c)がClarity(Lite)を使用する為に必要となります(ソフトウェアライセンスを購入する必要があります)。



Q9. ClarityDemoとはなんですか?

A9.Clarity(Lite)デモはソフトウエアーのデモンストレーションバージョンです。
DemoにはClarity(Lite)と同じ機能性があり、データ取得だけがデータファイルからシュミレートされます。
変更されたファイルでは、使用できません。
デモデータだけが、Clarity(Lite)DemoVersionで使用できます。
Clarity(Lite)デモは、自由に利用可能であり、HWキーやユーザーコードなどにより、保護されません。



Q10. データ取得のために、いつA/Dコンバーターを必要としますか?

A10.A/Dコンバーターは、Clarityがデジタルデータ取得を必要としていないシステムについても、常に必要です。
デジタルデータ取得は、コントロールされたクロマトグラフと検出器だけに利用可能ですが、いくつかのコントロール装置は、全くデジタル取得をサポートしていないかもしれません。
このコントロールオプションの詳述は、対応するコントロールマニュアルに見つけることができます。



Q11. いくつのA/Dコンバーターを1台のワークステーションにインストールできますか?

A11.ClarityLiteは1個のプラグアンドプレイA/Dコンバーター(INT7、INT9またはU-PAD2)だけをサポートします。
Clarityの完全なバージョンには、制限なく複数のA/Dコンバーターがインストールされますが、将来的にPC側(例えば十分なPCI/USBスロットを持たない)から制限が来るかもしれません。



Q12. 現在制御される装置のデータシートリスト(D004)に記載されていないオートサンプラーやクロマトグラフでは、Clarity(Lite)を使用できないのですか?

A12.アナログデータ取得が可能なClarity(Lite)を提供できます。クロマトグラフ/検出器は標準で、アナログ出力を持っているはずだからです。
また解決法の一つとして、オートサンプラーと同期させる方法を提供しています。



13. どこで最小限必要なPC構成の情報を見つけることができますか?

A13.互換性テーブルとPC構成はClarityとClarityLiteのための製品ページのウェブサイトに記載されています。



14. Clarityのプロテクト(ライセンス)は、どのようになっているのですか?
またハードウェアキーとユーザーコードの意味は?


A14.Clarity(Lite)ソフトウエアーはHWキー(HWUSBトングル)とユーザーコードによって保護されます。
一つのワークステーションは、一つのハードウェアキーとユーザーコードを必要とします。
ユーザーコードは、各ワークステーションに特有であり、与えられたワークステーションのために認可されたClarityモジュールの利用を可能にします。

ソフトウエアー校正の変更(アドオンの装置、コントロール、拡張ソフト)は、ユーザーコードの変更で実行されます。
HWキーを紛失した場合、新しいSWライセンスを購入しなければなりません。



Q15. Clarity構成をダウングレード(ライセンスからいくつかのモジュールを取り除くことで)することは可能ですか?

A15.ライセンス方針のために、Clarity構成をダウングレードすることは、不可能です(例えば、1台のワークステーションから別のWSへコントロールモジュールを移すこと)。



Q16. Clarity(Lite)ソフトウエアーをアップグレードさせる方法は?

A16.ClarityLiteソフトウエアーは対応するアップグレードを注文することによって、完全なClarityソフトウエアーにいつでもアップグレードできます。
新しいソフトウエアーインストールは完了して、新しいユーザーコードを発行します(HWキーは同じままで使用できます)。

Clarityソフトウエアーの拡張は、対応するモジュールを注文することによって実行され、新しいインストールは特に要求されません。
そして、ユーザーは新しいユーザーコードを受け取ります。



Q17. 顧客はどのように最新のClarity(Lite)バージョンへのアップグレードを取得できますか?またその費用は?

A17.すべてのユーザーはDataApexウェブサイトから最新のSWバージョンを無料でダウンロードできます。
アップデートは新しいユーザーコードや新しいHWキーを要求しません。
HWキーのない、Clarity(Lite)ソフトウェア(Version2.4以前)を持っているユーザーだけが対応するアップデート(価格はHWキーのみ)を購入する必要があります。

 

18. Clarity(Lite)にClarityOfflineバージョンをアップグレードさせるのは可能ですか?

A18.Clarity(Lite)にアップグレードは不可能です。
Offlineには特定のS/Nが使用されている為です。



19. PCIExpressスロットのPCにA/Dコンバータを使用できますか?

A19.DataApexPCIA/Dコンバータは、通常のPCIスロット(PCI2.0、32ビットフルサイズ)に設計されています。
これ以下の仕様やPCIExpressスロットには対応していません。



Q20. Clarityは、すべての必要なケーブルを含んでいますか?

A20.ClaritySoftware,ControlModule,Extensionにはケーブルは含まれません。
A/Dコンバータがケーブル付で供給されています。

各クロマトグラフ/検出器が、異なったケーブルを要求するコントロールモジュールに対して、必要なケーブルをチェックすることが重要です。
ケーブル仕様とP/Nは対応するコントロールマニュアルで調べることができます。



Q21. ラップトップコンピュータと共にClarityを使用できますか?

A21.Clarity(Lite)はラップトップコンピュータで使用可能です。
しかし、外付けのUSBA/Dコンバータしか使用できません。
十分なスロットが使用可能かを確認してください(HWdongleに対するUSBと接続するコントロールケーブルに対応するUSB)。



Q22. どこでClarityドキュメントの最新版を手に入れられますか?

A22.DataApexのウエブサイトからのダウンロードで手に入れられます。
これは定期的にアップグレードされています。



Q23. 購入した部品を返却するとき、また交換する時の方法は?

A23.販売店に連絡をしていただき、返却許可を求めてください。



Q24. 新しくモジュールや拡張ソフトを購入した際、異なった構成のためにClarityを再インストールする必要がありますか?

A24.一つのClarityインストールバージョンしかないので、拡張ソフトなどを買った場合、再インストールする必要はありません。
新しいコントロールモジュールを買った場合の再インストールは、どのようにClarityをインストールしたかによります(完全なのか、最小限なのか、カスタムインストールなのか)。

ConfigurationWindowでコントロールモジュールが認識できない場合は、Clarityを再インストールする必要があります。
最新のClarityバージョンを使用することをお勧めします。



25. HWキーを紛失した場合はどうすればいいですか?

A25.新しいソフトウエアーライセンスを購入する必要があります。
HWキーに警告ラベルが貼ってありますが、PCに取り付ける際、できれば後部のスロットに取り付けることをお勧めします。



Q26. インストールCDを紛失した場合どうすればよいですか?

A26.DataApexウエブサイトからインストールソフトをダウンロードして入手できます。
PCがインターネットに接続されていない場合は、販売店に依頼し、DistributorDVDからインストールしてください。



27. S/Nとu/cは何ですか?

27.S/Nはソフトウェアの通し番号です(通常11-4xxxx)。
ハードウェアキーの番号(キーに印刷されています)からS/Nを入手します。

u/cはクロマトグラフィーソフトウェアの構成を定義するユーザーコードです。
ユーザーコードはインストール時に必要です。

両方とも、荷造明細書、インストールCD、箱ラベルに記入されています。
また、S/NはMainWindow/Menu/Help/Aboutから知ることもができます。



Q28. 新しいコンピュータを入手した際、Clarityをインストールする方法は?

A28.データを移動して、Clarityを保存する為に、すべてのClarityフォルダを新しいコンピュータにコピーします。
データがデフォルトClarityフォルダと異なるところに格納されていれば、それもコピーしてください。
その後、ClaritySWをインストールします。


構成を保存する為にオプションを選択します(Clarity個々の設定が保たれます)。
インストールの方法はGetting Started Manualを参照してください。

新しいインストールにオリジナルのCD−ROMを使用するか、ウェブサイトから最新のソフトウェアバージョンをダウンロードして使用してください。

同様に、すべてのハードウエア(A/Dコンバータ、HWキー)を再インストールします。
HWキーがオリジナルインストールから移動した後に、ソフトウェアは自動的にデモモードに切り替わります。 

 

 

 

 △Page Top